経営者としての考え方を持つ

人が転職を考える時は、どのようなきっかけがあるのでしょうか。
仕事の内容に不満があったり、人間関係に不満があったりと理由は人によって様々です。
辞めようという気持ちが固まったら、まずは何をすべきでしょうか。
転職活動などをする前に、自分が仕事に求めるものをよく知っておくことです。
自分が求めるものが企業の中に見つけ出すことが出来れば、新しい職場を見つけられるように転職活動に力をいれるようにしましょう。

また簡単にフリーランスで働く道を選ぶ人もいますが、企業で得た知識が足りなかったり、経験不足だったりすると、いくらスキルがあってもまた企業への就職を余儀なくされてしまいます。
在職中にどのような勉強が必要かというと、経営者としての考え方、物の見方です。
一従業員ではなく、経営者として仕事に取り組むことが大切なポイントになってきます。
従業員でいるときには不満に感じていることも、経営者になると見方が変わったりします。

経営者にとって最優先なのは利益を上げることです。
利益を上げることで会社や従業員を守り、幸せにすることが出来ます。
どんなに頑張って仕事をしても収入に反映されなかったり、待遇が改善されないと感じると仕事の成果に影響を与えます。
利益を出し、それを反映させる。
それによって更に利益が上がる、といったように物事は連鎖します。
そして利益を上げるために、現場からの反発を受けても押し通さなくてはいけないこともあります。

このような経営者としての考え方を、企業の中で学び取ることが出来なければ、フリーランスになっても上手くいかないことが多くあります。
そして経営者としての考え方が出来るようになると、転職をしても上手くいくことは多いようです。

サラリーマンから独立にチャレンジしたい方は、「会社員からフリーランスへのはじめの一歩」を読んでイメージトレーニングを始めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>